kazekozoo’s diary

昭和三十年代を中心に漫画やテレビ、映画を語ります。

『 美少女戦士フリージア 』

オレンジ色の女神、美少女戦士・セーラーフリージァは魔物たちの闘いの最中に 罠に陥る。 そこは魔物の墓場、若いメスの匂いを嗅ぎ貪欲な職種たちがセーラーフリージアの 発育した肉体を容赦なく襲う。彼女のデリケートな性器や口内に触手たちが侵入してくる…

『 紫電改のタカ・・・最後の出撃 』

週刊少年マガジン・・・1963年27号~1965年3.4合併号 1965年11月号 ~ 完 ~ なンて巧い終わらせ方なンだ~『ちかいの魔球』を記事にしたくなった。 軍部権力者と財閥どもの思い上がりから、戦争へと向かった日本。 敗色が濃いと判っていながら、さも勝ち戦…

『 シートン動物記 ⑧ 』

灰色熊の伝記・・・ワーブの壮年期はまだまだ続くのですが、 先を急ぎたいと思いました。 山と草原の動物たちはワーブを知り恐れ、ワーブも怖いものはなかったのです。 ワーブの壮年期は終わりました。 次回から、最後の章・ワーブの老衰時代を投稿します。

『 紫電改のタカ 』

太平洋戦争で、戦闘機「零戦」や「紫電改」に搭乗したパイロット笠井智一さんが 9日、心不全で亡くなったと知った。94歳だった。。。。。。。。。。。。。。。 戦後、予科練習生同期の7割が戦死し、激しい戦闘の様子を著書や講演会で伝えたいたと聞く。それ…

『 スーパーローズ ⑤ 』

『スーパーローズ』・・・透明少女の巻 前回はここで終わりました。👆 透明少女の巻・・・序章部が入手出来ず、ワケが分からぬまま投稿してきました。 次回でクライマックス、最終回です。

『 裏・美少女戦士セーラームーン 』

ファンヒーター、2台稼働しても室温が11℃しか上がりません。 そンだけ、低温で寒いってことか。 昨日の朝から降り始めた雪、今日になっても降ったりやんだり。 けっこうな積雪になってしまいました。 ~これが昨日の朝~ ~これが今日~ あンまり寒いンで"福…

『 おてんば天使 ⑰ 』

~前回はここで終わりました~ ~ 次回へつづく ~

『 雪です 』

寒くて夜中に起きてしまいました。 空瓶を出しに、外へ出ました。 マオに雪を見せてやろうと表に出すと。。。。。 「こりゃたまらん!!」 灯油のファンヒーターと都市ガスのファンヒーター、それにコタツ これでも、まだ寒いンです。 春はまだまだ遠い-----…

『 黒猫 』

発表年月日、掲載誌・・・不明 昭和の妖怪と呼ばれた、山口県出身"岸信介"がモチーフだろう。 郷土の嫌われ者、安倍晋三の祖父にあたる。

『 13番惑星 』

別冊少年サンデー・・・1962年 ~ お・わ・り ~

『 久しぶりのマオくん 』

可笑しなネコだよ、マオくん。 日中はコタツの中、時々這い出てきてPCを覗いてる私にチヨッカイを出す。 夜はたいがい寒いだろうに布団には入らず、私の肩と頭の間に割り込んで寝てる。 添い寝されてる私なのだ。 今朝もゴソゴソっとコタツから出て来て「遊…

『 生活空間 x 2題 』

五人居た趣味友が集まると、必ず作ってた「豚汁」セット物が無かった頃は 里芋、大根、人参、ゴボウ、コンニャク等々・・・単品で買ってた。 現在は便利になって、詰め合わせたものが冷食コーナーで売ってる。 私は豚バラ肉を足して、大鍋で作り振舞ってたも…

『 矢車剣之助 下 』

東映時代劇太秦撮影所の顔、斬られ役に徹した"福山清三さん"が逝ってしまいました。主役が引き立つのも、名斬られ役あっての時代劇です。 ~謹んでご冥福を祈ります~合掌 明らかに、『赤胴鈴之助』を意識し、描かれてます。 一見、泥臭い精神論を説いてます…

『 矢車剣之助 上 』

幕府転覆を謀る「地獄の顔」は秘密兵器"うごく城の戦車"で千代田城を攻撃するが 越前とエドの火消し衆、夜の帝王によって崖から海に落とされる。 水陸両用になっていた城戦車は修理を終え、剣之助の母と百万両の御用金を積んで 奥州へ向かうあおい丸に襲いか…

『 ひみつのアッコちゃん 』

久しぶりの太陽ににテンション上がりました。 さぁ~、飲みましょう、食いましょう。 サンパークへ娘っ子を視姦しに行きましょう。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

『 いなかっぺ大将 』

昨日に続き曇天で、今年の世相を暗示してるようです。 元旦は早朝から"穴子入り太巻き"を肴に"金麦"を飲んでると 近所に住む後輩が「縁起を担ぎに行こう」ってンで、 スロット、パチンコ合わせて1,200台という宇部市の大型店"ユーコーラッキー" へ行きました…

『 今年も宜しくです 』

「昨年同様、今年も( `・∀・´)ノヨロシク・・・デス」 例年だとアダルトっぽい画像を貼り付けるのですが、今年はシンプルです。 丑ってことから連想するのは。。。乳牛。。。ホルスタインですね。 ホルスタインから更にイメージを膨らますとおチチ、オッパイ、巨…

『 これにて投稿納め・ストップ!にいちゃん 』

なンやかンやで、気の晴れぬまま晦日を迎えた一年でした。 今年最後の記事に成ろうかと思います。 少しでも明るく"ゆく年くる年"を迎えたいと願いつつ、投稿致しました。 『ストップ!にいちゃん』 光文社刊「少年」1965年2月号本誌・別冊付録 「大雪合戦の…

『 ストップ!にいちゃん 』

1962年の新年号から始まった『ストップ!にいちゃん』 そそっかしいが、スポーツ万能の南郷勇一としっかり者の弟、賢二 それに垣根越しに住む勇一の幼馴染、天敵で美少女のサチ子等々。。。 個性的で多彩な登場人物たちの中でも、ボスの存在は大きかった。 …

『 草笛童子・・・後編 』

リベンジものをメルヘンチックに描いてます。 ~ お・わ・り ~

『 雨の東京 』

らんぷの姐さんちに訪問して、記事を読んでたら思い出したよ。。。飲んだら 唄ってたのが真木ひでと(オックスの野口ヒデト)の『雨の東京』、今じゃ高音が辛いけどサビになるとスッと出てた。 「唄ってよ」ってリクエストされた三十代の頃でした。 雨の東京 …

『 草笛童子・・・永島慎二 』

1968年・・・講談社刊「ぼくら」掲載 前後編に分けました。 おおかみがキツネに見える。。。。。 ~ 後編へつづく ~

『 スーパーローズ ④ 』

透明少女の巻 前回はここで続きになました。 ~ つづく ~

『 餅つき 』

10時から、社会福祉法人「むべの里」で、餅つきが開催されるというので 行ってきました。 杵をふるうつもりで行ったのですが、男の参加者は誰一人居ませんでした。 ホームの職員さんたちだけで餅をついてましたよ。 閉寒としたイベントに、地域の老人化を感…

『 おてんば天使 ⑯ 』

12月6日以来です。 前回はここで終わってました。 ~ 次回へ続く ~

『 クリスマス 』

~つかい回しです~

『 クリスマスの奇跡 』

Xマス…仏教の国である日本で、クリスマスとか、ハロゥィンって 可笑しかな~い・・・と、思いつつ二日間だけ、キリスト教信者になる。 西洋かぶれの最たる日本人だよ、我々は。 ともあれ、クリスマスにちなんだ記事をと、浮かんだのが"水野英子"の作品。 と…

『 無用ノ介 後編 』

~ 完 ~ 見事なまでの結びでしたね。 もしも、水を飲んでたとしたら、渇水の苦しみからは逃れられたも---------------------

『 無用ノ介 前編 』

久しぶりの時代劇です。 週刊少年マガジン・・・1967年38号~70年17号 大型時代劇として登場した『無用ノ介』1時間枠のテレビ映画化にもなりました。 親子二代に渡る賞金稼ぎ、野良犬剣法を振りかざし、賞金首に挑みました。 しかし、今回は事情が違うようで…

『 墓場の鬼太郎 』

週刊少年マガジン・・・1965年32号 私の記憶だから、あてにはならないが、多分これが掲載第1回目だと思う。 ただ、新連載とは記載されず、編集部の方針は読者の反響をみよう・・・だったかも。 『墓場の鬼太郎』あるいは『墓場鬼太郎』はそもそも、紙芝居か…