kazekozoo’s diary

昭和三十年代を中心に漫画やテレビ、映画を語ります。

『 小山春夫の絵物語 』

 

甲賀忍法帖』…若い人なら「バジリスク」でしょう。

なンで、そう呼ぶのかしるところではありませんが・・・

貸本の東邦漫画で忍者ものを描くようになった"小山春夫"

第1巻には名義が無かった。当時は著作権なンてなかった時代

当然、原作者との接点もなく、原作の小説を渡されてネームを起こします。

原作に近いのですが、子ども向けなのでお色気シーンは描けません。

"山田風太郎"からエロを取るというのもおかしな話だと回想する。

その"小山春夫"が、絵物語を描いていました。

『密林大冒険・灰色の魔獣』

小山春夫・・・少年画報・昭和28年1月号第①別冊付録

f:id:kazekozoo:20200131120256j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120621j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120637j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120653j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120709j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120722j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120744j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120802j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120816j:plain

f:id:kazekozoo:20200131120830j:plain

山川惣治小松崎茂が好きで、絵物語作家を志していた作者。

高校卒業後上京、「少年画報」の編集部でアルバイトをしていた。

そこへ、後に東宝映画『ゴジラ』のデザインを手がけることになる"阿部和助"が

"絵物語"をやるならと声をかけられ弟子になった。

前にも書き込みしたンで簡素化する。

阿部和助に師事>栄養失調になり、帰郷>その間に絵物語が衰退す>再び上京

先輩(少年画報社)の福元一義の紹介で"武内つなよし"の手伝いをする>

かけもちで"桑田次郎"を手伝う>旅館で"永島慎二"と出会う>

同業だった"吉田竜夫"人物の主線だけ手伝う(東京タワー完成の頃)>貸本漫画の

依頼が来る>東邦漫画で原稿料が倍になる>貸本の衰退>雑誌「野球少年」に

相撲漫画を描く>「忍者武芸帳」を読んだことから白土三平と出会う>

絵を真似したことで自作の絵柄が変わった>三洋社に原稿を持ち込むが倒産>

青林堂長井勝一と出会う>白土の誘いで"赤目プロ"に入る>>>>>>>>>>>>>

長井から「赤目プロに入ると小山さんの名前が消えるよ」と言われる。

そう言う事は気にしなかった・・・そうです。

白土三平は原稿をキッチリ回収していた・・・が、小山はその逆であった。

そもそも、原稿が編集者に渡ったその時から権限はなくなり、本になったら倉庫に

入れて1年経つと捨てられていた。印刷されたものが大事で、原稿は要らないもの

だったのだ。

あの頃の"赤目"には、諏訪栄(小島剛夕)それに弟の岡本鉄二、もうひとり"平田弘史"も加わる予定だったが、「名前が消える」と聞かされ加わらなかった。

白土の忍者漫画があって、一方に"横山光輝"の「伊賀の影丸」があった。

白土は横山には一目置いていて「ああいう空間がかっちりした構図は描けない」と

感心していたそうだ。

仕事の分担は「カムイ伝」を諏訪栄、雑誌類を小山と鉄二が担当、

「ワタリ」と「サスケ」は小山の仕事だった。"少年"の「サスケ」は白土が

描いていたが、後半は"楠勝平"が描いた。サンデーに連載された描き直しは

小山の手によるものでした。~2001年4月小山春夫の回想~   (敬称:略)