kazekozoo’s diary

昭和三十年代を中心に漫画やテレビ、映画を語ります。

『 バットくん 』

涙のオルガンさんのリクに応え、記事投稿しました。

私の中では野球漫画の草分けだと思うのです。

『バットくん』・・・「漫画少年」・昭和23年1月号~24年3月号連載

作者・井上一雄・大正3年8月31日~昭和24年5月3日(36歳没)

最初の野球漫画であろう『バットくん』昭和初期、すでに野球漫画は

あったのかも知れません。。。が、開戦となり終戦までは敵国のスポーツという事で

敵国用語の禁止だとか、雑誌なども軍部の抑制下にあり好き勝手には描けなかった

のではないでしょうか。

平凡社・別冊太陽「子どもの昭和史」に井上一雄が紹介されていたので貼り付けます。

f:id:kazekozoo:20200904112112j:plain

昭和23年6月号 

画像処理が悪くて申し訳ありません。 

f:id:kazekozoo:20200904121029j:plain

f:id:kazekozoo:20200904121055j:plain

f:id:kazekozoo:20200904121133j:plain

f:id:kazekozoo:20200904121159j:plain

昭和24年2月号

f:id:kazekozoo:20200904112506j:plain

f:id:kazekozoo:20200904112519j:plain

f:id:kazekozoo:20200904112532j:plain

f:id:kazekozoo:20200904121251j:plain

寺田ヒロオが『漫画少年』の復刻のため、実妹の井上房江さんに寄稿を依頼、

「兄の思い出」その一部を貼り付けます。

f:id:kazekozoo:20200904113122j:plain

f:id:kazekozoo:20200904113138j:plain

井上一雄は中学二年の時、風邪から助膜炎になり、そのまま寝たきりになり

闘病生活は治るまで13年間もかかったそうです。

闘病中に「少年倶楽部」からデビューされました。